自律神経失調症とは?
吉田薬局 HOME > 自律神経失調症とは?

自律神経失調症とは?

自律神経というのは、自分の意思とは関係なく、心臓や胃腸、血管、内分泌、汗腺などの内臓器官の働きをコントロールしている神経のことです。交感神経と副交感神経の二つがあり、起きている時は心臓を活発にするため交感神経が、寝ている時は心臓の働きをゆっくりさせるために副交感神経が働くというように、相反する働きをしながら、生命維持に必要なバランスを互いにとって内臓の働きや体の緊張状態を保ったり、反対にリラックスさせて休ませたりしています。また、感情に関係している部分にある為、喜怒哀楽に合わせて気持ちが明るくになったり、落ち込んだりという状態になるのも、自律神経が大きく関わっています。この自律神経のバランスが乱れるために起こる様々な身体の不調のことを自律神経失調症と言います。その上場には関連性のないものが多く、症状が出たり消えたりすることもあります。また、症状の程度も日によって軽かったり、体を動かすことができない程酷い場合もあります。

■自律神経失調症の原因


自律神経のバランスが乱れる原因には、一人一人違いますが、いろいろな原因が複雑に絡みあっていると言われています。

・精神的ストレス
人間関係や仕事などの精神的ストレスは、自律神経を乱す大きな原因となります。自分の気持ちを抑えたり、完璧主義の人、くよくよするタイプなどは、バランスを崩しやすいといえます。

・身体的ストレス
急激な温度変化や不規則な生活、激しい運動などの外的な刺激。

・体の内部変化
更年期は、女性ホルモンの減少で自律神経失調症になりやすくなります。
また感染症なども原因のひとつ。

■自律神経失調症の症状例


・精神症状
┗イライラや不安感、集中力や記憶力の低下、やる気が出ない、無気力など

・身体症状
┗目・・・疲れ目・目が痛む・目が開けにくい・目が乾く・涙目など
┗頭・・・頭痛・偏頭痛・頭が締めつけられる・頭が重いなど
┗耳・・・耳鳴り・耳が詰まった様な感じがするなど
┗口・・・口の中が痛む・口が渇く・ネバネバする・ものの味がわからないなど
┗筋肉・関節・・・肩こり・首のこり・背中の痛み・腰痛・関節がだるくなるなど
┗のど・・・のどの異物感・ものが飲み込みにくい・のどがイガイガするなど
┗呼吸器・・・息切れ・息苦しい・うまく息が出来ないなど
┗循環器・・・動悸・不整脈・胸がしめつけられる・血圧が上がる、下がるなど
┗手・・・手がしびれる・痛み・ピリピリする・手の感覚が麻痺する・手が冷える・ほてるなど
┗消火器・・・食欲がない・吐き気・胃痛・胃や腸の膨満感・腹痛・下痢・便秘・ガスがたまるなど
┗皮膚・・・やたら汗をかく・冷や汗・かゆみ・皮膚が乾燥するなど
┗生殖器・・・生理不順・生理痛・外陰部のかゆみ・性欲減退・インポテンツなど
┗全身症状・・・だるい・疲れやすい・倦怠感・めまい・フラフラする・不眠・寝つきが悪い・眠りが浅い・微熱が続く・立ちくらみなど
┗泌尿器・・・頻尿・排尿感・残尿感・尿が出にくいなど
┗足・・・足がしびれる・痛み・冷え・ほてるなど

※人によって症状の出方は違います。また、ひとりの人が必ずしもずっと同じ症状のままでいるとは限りません。