春日部市の吉田薬局

『春は自律神経が乱れやすい季節』

春は自律神経のバランスを崩し易い季節です。

東洋医学から見ると、春は肝の働きが乱れがちになり、ストレスに対して弱くなる季節です。そのためイライラしたり、抑うつ感や不眠などの症状が多くなります。

また、三寒四温という言葉があるように、春は寒暖の差が激しいので気温に身体がついていけず、それが自律神経に影響を与えます。

それに加えて日常生活でも、進学や就職、転職などで自分の周囲の生活環境の変化などでストレスを受けやすくなります。

自律神経とは呼吸や血液循環、消化・吸収、排泄、体温調節などの生命機能を調節する重要な神経系です。自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は車に例えるとアクセルのような働きをし、副交感神経はブレーキのような働きをします。自分の意志に関係なく働いていますがストレスには敏感です。

自律神経のひとつの交感神経は日中活動しているときに優位に働き、瞳孔を広げたり、心臓の働きを活発にしたり、気管支を拡張したりで日中活発に働きます。

又、もうひとつの副交感神経は主に夜眠っている時に優位に働きます。日中の働きと反対の状態になり、身体を休ませて、疲れた身体を回復させてくれます。

ですから自律神経のバランスが崩れると、心身に様々な不調があらわれることになるのです。こうした自律神経失調症に対して、現代医学では往々にして精神安定剤や睡眠薬が使われますが、身体全体のバランスの崩れなど、こんな状態の時は漢方薬の効果も期待できますよ。

冷え性、頭重感、肩こり、感情の起伏が激しいなどの症状が日々色々に変わると感じたときは漢方薬もお試ししてみて下さい

ようこそ吉田薬局へ♪

【町の健康アドバイザー】
薬剤師 吉田清子
《店名》
吉田薬局
《薬剤師》
吉田清子
《所在地》
春日部市梅田3-142
《電話》
048-761-0596
《FAX》
048-761-0596
《営業時間》
9:00~19:00
《定休日》
毎週日曜日・祝祭日

薬剤師がお答えします!

  • スッピン美人になりたい
  • 毎日の快便を喜びたい
  • 元気で長生きする秘訣

など気になる事をお気軽にご相談下さい♪

【主な取り扱い商品】

  • 漢方薬、ササヘルス、恵命我神散
  • 銀河水、カタライザー
  • 紫イペ、アイリタン、サメミロン、忘憂歓、美・ワカイン
  • 三七人参、冬虫夏草
  • 万寿霊茸、循環元、若蘇源
  • ドクターユニカル
  • リスブラン化粧品

↑上に戻る