春日部市の吉田薬局

『あなたは冷え性で困っていませんか?』

今年はとても寒いですね。悩んでいませんか。昔の人は手足が冷たい、身体がなんとなく冷え冷えとして寒がる、気分がすぐれないなどといった状態を「冷え性」と言っていました。今はこのような症状の他に、のぼせ、肩こり、頭痛、めまい、イライラ、アレルギー症状なども「冷え性」の症状と考えられています。

まず『冷えの原因』を考えてみましょう。

冷えの原因のひとつとして血液循環が悪いことがあげられます。

汚れた血液が体内を巡っていると体内のどこかで血液循環障害がおこっていることがあります。血液循環が滞っているため、流れにくい部分が冷えし状態になっていきます。例えば頭ばかり使って身体を動かさずじっとしていると血が上半身にのぼり、下半身までまわらないので冷えのぼせ状態になります。サラサラ血液にして末梢血管まで流れるようにしましょう。

二つ目の原因は熱を産生する力がおちていることが考えられます。

熱は本来はあらゆる体の組織で産生されます。特に熱の産生量が多いのは骨格筋で身体を動かして筋肉が収縮するときに熱が産生されます。産生された熱は血液によって全身を巡り体温を一定に保っているのです。手足が異常に冷たい人はしもやけや頭痛・腹痛・腰痛などの症状として現れることがあります。

三つ目の原因として、日頃から低体温の人です。普段から手足がかなり冷たくて身体の芯が冷えている人は熱を産生する力が弱いので常に深部体温が低くなります。そのため手足の先まで熱を運ぶことが出来ないのです。

深部体温の低い人は免疫力が落ちるので、風邪を引きやすくなるし、更に進むと感染症にかかりやすくなるし、癌も発生しやすくなります。

四つ目の原因はストレスも関わっています。身体に過度のストレスが加わると交感神経が優位になりすぎて、毛細血管が収縮して抹消の血液が悪くなり全身に酸素や栄養が行き渡らなくなり、結局冷え症状になります。

かといって副交感神経を過度に優位にしてしまうと、運動するのが億劫になり身体を動かさなくなり、それにより筋肉量が減少してしまい、筋肉による熱産生が低下しますから要注意です。自律神経のバランスを整えることが大事です。

まだまだ原因はあるかもしれませんが気が付いたことをかいてみました。

冷え性の方はご自分がどんな原因で冷え性になっているか考えてみてください。

もし、ご相談したいと思われましたらいつでもお気軽にご連絡下さい。

ようこそ吉田薬局へ♪

【町の健康アドバイザー】
薬剤師 吉田清子
《店名》
吉田薬局
《薬剤師》
吉田清子
《所在地》
春日部市梅田3-142
《電話》
048-761-0596
《FAX》
048-761-0596
《営業時間》
9:00~19:00
《定休日》
毎週日曜日・祝祭日

薬剤師がお答えします!

  • スッピン美人になりたい
  • 毎日の快便を喜びたい
  • 元気で長生きする秘訣

など気になる事をお気軽にご相談下さい♪

【主な取り扱い商品】

  • 漢方薬、ササヘルス、恵命我神散
  • 銀河水、カタライザー
  • 紫イペ、アイリタン、サメミロン、忘憂歓、美・ワカイン
  • 三七人参、冬虫夏草
  • 万寿霊茸、循環元、若蘇源
  • ドクターユニカル
  • リスブラン化粧品

↑上に戻る